2019.12.6

#最軽量のマネジメント 

#山田理氏

なかなか、思うように動かないが、1冊の本を読んでいて考えていることに近かった。

会社は法的に「格」を与えられているが、人によって構成されている。公の器であり、内部にいる人によってお金を稼ぎ、給料や税金などになっていく。

会社という箱は今後重要ではなくなり、その人が大切になると思うが、チームを組みお互いにメリットを享受できる関係にないと、いい関係は気付けないと思う。

今日来た求人の応募で、やり取りをしていてあまりにも応募してきた人のことばかりを並べられて、難しいと思いお断りしたら、お怒りになられてました。そこを正していてもしょうがないので、丁寧にありがとうございましたと返しました。

本で得たことは多様性を認めること。同じ人はいないから、考え方やとらえ方は100人100通り。その通りだと思う。チームのベクトルがそろっていれば、それに対して解決ができると思う。今までの考え方は同じ枠組みの中で、人が人を管理して。人が人を管理することは難しいし、立場的に自分もそうなるが、この若造がと思われることもあると思う。

考えていることはいろいろあるが、追いついてないのも事実。忙しくしているとミスも出てくる。悩ましい。。