2019.2.10

♯建築訴訟 

♯太陽光発電

発電量が減った原告の請求を棄却。

違法建築で発電量が減った場合は原告側の請求が認められそうだ。

それ以外の場合は、周囲の諸条件から、設置する側が推測できるものに関しては、あとからできたからと行って、訴えられないかと思う。

そもそも、都市計画が変わってなければ、様々なことを想定するべきであると思う。