2021.1.18

#本

#生きる はたらく つくる

#皆川明

他業種であるけど、会社を作っていく、どのように作り上げていくかで興味がりよんでみた。

誰もが最初はやったことがないことをいろいろな経験を通じながら自分を構築しながら、いろいろ模索し、形になっていくのだと感じる。

せめて100年つづくという考えはとてもいいなと感じている。会社という社会インフラを自分のためだけで考え続けるとどこかで限界が来ると思うが、自分の後のことを常に考えていれば、実行していく内容も、考えもぶれることは少ないと感じる。

それが働くかた、協業していくひとにも伝われば、必ず先は見えてくると思う。

本では計り知れない大変さがあると思うが、皆川さんの一部を知ることで、自分の考え方にも影響したり、先人たちの考えを得ることで、若い自分たちはさらなる発展をしなければならないと思う。

発展はお金だけではなく、より豊かな人生を送れる仲間が多く集まり、有事の際に助け合えたら、変えがたいものになると思う。